スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西側の旧ソ連圏いじり、誘導出血?瀉血?

sabun.jpg

Dobry vecer!

エリシュカです。


今回は、NATOが東方拡大に転じて以降の西側の東方政策、特に旧ソ連圏いじりを再考してみたいと思います。


ちなみに、これはあくまでも現状からの推理であることを銘記しておきます。

これについてちゃんとしたことを言えるためには以下の二点、

・ロシアが隣接国にフローズンコンフリクト地域(沿ドニエストル、アブハジアなど分離地域)を作り・維持するコストと利益どちらが多いのか

・西側主要国の、東方拡大政策に関する資料の深い分析

をクリアしている必要があります。

それを踏まえたうえで、今回の主題についての私の推理をお読みください。


私は、ソ連崩壊以降の西側の旧ソ連圏いじりを単なる勢力拡大程度に思っていました。

ロシアに直接接する国々であるため当然NATO・EU入りはバルト三国のような特殊例を除けば考えられず、それは単なる(ミアシャイマーの用語を借りれば)バックパッシングであり、牽制であると思っていました。

しかし、今回のウクライナの戦争について見ているうちに、ある疑念が湧いてきました。


これは西側のロシアに対する誘導出血(bait and bleed)あるいは瀉血(bloodletting)戦略(これもミアシャイマーの用語を借ります)ではないかということです。


この事例は特殊で、この二つのどちらかだと判断するのは難しいものがあります。

ロシアの隣に親西側・反露政権を作るという段階までは前者に見えます。

しかし当事者(この場合ロシア)が勝手に戦争を始めるという面では後者の範疇に入ると思われます。


ロシアの旧ソ連圏を国防圏と考えるポリシーでは隣に親西側・反露政権ができた場合、地政学的に危険な状況になったと見なし軍事行動を自ら起こす。

西側としては旧ソ連圏諸国をオセロゲームのように親西にするだけでロシアの体力を奪えるということになります。

ロシアは他国を攻撃することでそのたびに巨大なヒルを吸い付かせることになります。

さらに副次的な効果としてこうしたことを繰り返せばロシアは無法な国家であるという印象を世界に与えることができます。


もちろん、この推理は先に述べたようにロシアがフローズンコンフリクト地域を隣国に作ることのコストが利益よりも大きい場合にしか成立しません。

またこれを西側が意図的にやっているのかについては今までの東方分析に関する深い資料分析が必要です。


ともあれ、この観点から西側の旧ソ連圏いじりを見ることも有益ではないかと思います。

またウクライナの今後の行く末を考えることにもある程度役に立つでしょう。

先日パトルシェフが今回のウクライナの件はロシアを解体するために仕組んだ米国の陰謀だと非難していましたが、

この文脈で見るとあながち見当はずれではないかとも思われます。


ちなみに今回のミンスク合意の件ですが、今のところ私はノーコメントです。

最低でも一週間は事態の推移を見守る必要があります。

90年代のボスニア内戦では停戦合意は主に自軍の戦力を整え強化するための時間稼ぎにすぎず、

最終的にデイトン合意に至ったのは軍事的に決着が着いてからでした。



今日はこんなところでしょうか。

それでは、Na shledanou!

---------------------------------------------------------

管理人への執筆依頼などはこちらの連絡先でお受けいたしております。

http://seeuro.com/?page_id=10
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

belaoluja

Author:belaoluja
こちらは南東欧戦略環境分析局blog http://crnogorac.blog117.fc2.com/ から萌え要素を抜いたものになります。

文責は同じ @crnaoluja (twitter) です。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。