スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウェーデン国防相リトアニア訪問、クリミアタタールとチェルケスその他

sabun.jpg

Dobry vecer!

エリシュカです。


久しぶりに大酒呑める時間ができたのでつい深酒して5時間くらい寝ちゃいました^^

頭痛いです^^


えー、このエントリ書こうと準備してた矢先に、ロシアの南ストリーム計画中止というニュースが入ってきてかなりあわてましたが、まだこれについてどうこう言えるほど情報がないのでできれば明日にでももう一本のブログのほうで書きます。

まず、スウェーデン国防相のリトアニア訪問についてです。

スウェーデンのハルトクヴィスト国防相はリトアニアを訪問しリトアニアのオレカス国防相と会談しました。

http://www.kam.lt/en/news_1098/current_issues/we_will_be_strengthening_our_cooperation_with_sweden_minister_j.olekas_says.html?pbck=0

軍事情報の交換やNATOの枠内での両国の防衛協力などが議題でしたが、今回注目したのは、スウェーデンが属する北欧防衛協力(NORDEFCO)とバルト三国の防衛協力との結びつきを両国の仲介でより強固なものにするという点です。

NORDEFCO公式
http://www.nordefco.org/

今後リトアニアの対Hybrid warfare用即応部隊と何らかの関係を持つのか興味がもたれるとことです。

スウェーデン新政権はNATOよりも国連をというスタンスだったのですが眼前の現実から結局従来の方針を踏襲する方向になると思われます。

ウクライナやコーカサスあたりを今後自国の防衛の中でどう定義づけていくかはまだわかりませんが、少なくともバルト三国とロシアとの国境を自国の防衛ラインに設定することは明確になってきたと思われます。

ロシアは北欧諸国を分断したい思惑を持っていますが、バルト海と北極海・北海方面に一括して圧力をかけ続けていたら結局スウェーデンやフィンランドという非加盟国も含めて団結させてしまっている印象を受けます。


次は、ハンガリーの方針転換についてです。

あからさますぎて思わず笑ってしまうニュースタイトルです。

Hungary Retreats From Putin as Leader Rediscovers Germany
http://mobile.bloomberg.com/news/2014-11-28/hungary-retreats-from-putin-as-orban-rediscovers-germany.html

オルバーンは結局ドイツの経済力を選んだという記事です。

先日のリトアニアでの演習に参加するなどハンガリーは二股かけのスタンスでいる気なのかと思っていましたが、あからさまにドイツの経済力のほうを選んだようです。

まあ仕方がないか、という認識です。

ハンガリーのような周辺の諸大国に翻弄され続けた国の日和見主義を批判することは酷だと思います。

ともあれ東欧中部のど真ん中に不安定要因を抱えるリスクは後退したように思えますが、

先日のモルドヴァ選挙で親欧州派が勝利したことで親露派が騒ぎだしているというニュースもあり、モルドヴァが荒れればルーマニア民族主義に影響しそれがトランシルヴァニアに、という方向でこの地域に別の不安定要因が生じる可能性も
まだ捨てきれず、予断を許さない状況です。


さて、最後は、先月初旬のニュースで申し訳ないのですが、クリミアタタールとチェルケス人との共闘の話です。

http://www.jamestown.org/programs/edm/single/?tx_ttnews%5Btt_news%5D=43068&cHash=166bbf75f9b76282c99f19555ace07d5#.VHy9aOlxnIV

この共闘関係はクリミアやコーカサスの現地ではなく、両方のディアスポラがいるトルコにおいて両者が作る団体同士によるものです。

チェルケス人については以前このブログで説明しました。

http://belaoluja.blog.fc2.com/blog-category-26.html

しかし気になる点があります。

今夏、北コーカサス人とクリミアタタールの民間団体による相互訪問が行われたという点です。

しかもこの記事においてインタビューに答えているのはカラチャイ人(トルコ系イスラム教徒)であり、チェルケス人という枠を超えて共闘が広がりつつあるのかという印象です。

私はロシアがクリミアを奪取した時、大事なセヴァストポリの背後に反露的なイスラム教徒を抱えて危険な状態になったのではないかという懸念を抱きました。

こうした懸念をロシア側が持っているとすれば、ニュースに流れてくるクリミアタタールの待遇の悪さがさらに悪化する恐れがあります。

http://www.washingtonpost.com/world/europe/crimean-tatars-say-russian-annexation-has-brought-fear-and-repression-all-over-again/2014/11/28/c2a3bcea-73ed-11e4-95a8-fe0b46e8751a_story.html

ともあれ北コーカサスとクリミアが結べばさらに面倒な事態になることは避けられず、こちらの方面も注視する必要があるようです。


今回はこんなところでしょうか。

それでは、Dobrou noc! Na shledanou!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

belaoluja

Author:belaoluja
こちらは南東欧戦略環境分析局blog http://crnogorac.blog117.fc2.com/ から萌え要素を抜いたものになります。

文責は同じ @crnaoluja (twitter) です。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。