スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウクライナ戦争、腐敗と戦争長期化の懸念

sabun.jpg


Dobry vecer!

エリシュカです。

さてと…

親露派側がロシアからの増援を受けて攻勢に出ています。

現在のところウクライナ側が劣勢です。東部で占領地を広げられている状況です。

ただ… うーむ…

ロシア側が何を達成したくてこれを行っているのか、その達成したいものが果たして本当にロシアにとって利益になるものかが相変わらずわかりにくいために、そこで思考がストップしている状況です。

親露派側が優勢なのは当然ロシア本国からの持ち出しが多いからです。ロシアの経済状況がこんなではウクライナ戦争は重荷以外の何物でもないでしょう。

占領に成功したとしても荒廃した東部のインフラを復興する費用は大きなものになるでしょう。

東部にある資源ははたしてそれらを補えるものなのでしょうか。

その点についてこの記事の後半部分で触れています。

http://www.thedailybeast.com/articles/2015/01/26/ukraine-is-losing-the-war-on-3-fronts.html


紛争状態を固定化(英語文献ではfrozenという言い回しが用いられます)してウクライナ国内を不安定化させる戦略だとしても、

戦争をこれだけ長期化させてしまった現在ではウクライナ側にかなりの反露感情が醸成されてしまっていると考えられます。

ウクライナを再び自陣営に引き込むことはそうした面で困難な状況になっていますし、

また経済面でも、西側は今後もウクライナに支援を続けるものと思われますし、また今の経済状況のロシアと一緒の経済圏に入ることにも魅力を感じないでしょう。


ただ、EU側にもギリシア問題など経済に影を落とすファクターがあり、こちらにも注視していないといけません。

今後も不断の観察を続け随時ご報告していきます。


さて、今日の主題はこれです。

これは去年11月の記事です。

ウクライナでの戦争が始まって以来ロシアから犯罪組織が流入し、戦争状態にも関わらず現地のウクライナ側の犯罪組織と結託し悪事を働いているというものです。

http://www.vice.com/read/how-the-invasion-of-ukraine-is-shaking-up-the-global-crime-scene-1106

記事によれば、オデッサは犯罪交易のハブとなり、武器密輸、人身売買、違法薬物取引がここを経由して行われていると報告しています。

そしてクリミアのセヴァストポリは今後オデッサ以上のハブとなりうる条件を整えているとしています。

もともとウクライナの政治・行政の腐敗の度合いが大きかったことに加え、戦争が始まって以来の経済状態の悪化、さらにロシアへの経済制裁が密輸出入にかかわる犯罪組織の跳梁を促進させ現地の政治・行政との腐敗した癒着を引き起こしているとしています。


政治・行政の腐敗と犯罪組織による巨大な腐敗の構造がいかに戦争を長期化させるかは、アンナ・ポリトコフスカヤの著書「チェチェン・やめられない戦争(邦題)」で詳しく述べられています。

この著書述べられていることは、

まず軍のトップレベルでは戦争状態が長引いていることにより昇進の機会が多くなる。

また国から回された戦費を横領できるチャンスも増える。

現場の兵士は現地人から略奪(文字通りの略奪のほかに逮捕と称して現地人を合法的に拉致し親族に身代金を要求する)して得られる利益が増える。

現地の行政府(著書ではロシア政府により樹立されたチェチェン共和国政府)はモスクワより与えられた復興費を横領できる。

そして現地の犯罪組織はこうしたゆるい状況を利用して犯罪的営為を拡大させる(著書では石油パイプラインからの抜き取り密輸とそれを保護する内務省員)。

さらに、戦時下のブラックエコノミーの形成自体も戦争長期化の原因になります。

こうした戦争状態に適応した経済は、戦時下で生きていかねばならない現地人がそれに依存せざるを得なくなる状況になった場合、戦争状態を現地人にとってなくてはならない環境にしてしまうのです。


今回のウクライナ戦争ではロシア、ウクライナ双方から不正規兵が入り込んでいます。

正規兵・不正規兵と犯罪集団の関係が今後密になり現地でブラックエコノミーが発生する事態に及べば、それはこの戦争の行く末を左右するファクターの一つになるかもしれません。


今日はこんなところでしょうか。

それでは、Na shledanou!
スポンサーサイト
プロフィール

belaoluja

Author:belaoluja
こちらは南東欧戦略環境分析局blog http://crnogorac.blog117.fc2.com/ から萌え要素を抜いたものになります。

文責は同じ @crnaoluja (twitter) です。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。