スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシアのHybrid warfareの限界

sabun.jpg

Dobry vecer!

エリシュカです。


ちょっと、というかかなり日にちが開いてしまいました(汗)

管理人がノロに感染しその間溜まった仕事の処理をやっていたので今日の日付になったのもありますが、

件のロシアの経済情勢、私はこの方面に強くないのでどの方向に行くのか、経済面でどこに影響が出るのか、このあたりの見極めに時間がかかっていたこともあります。

このブログでは東欧北部方面における地政戦略的作用・反作用について書いているためこれについて一定の見極めができている必要があります。


今回は、現時点でのロシアのHybrid warfareについての評価を行いたいと思います。

Hybrid warfareについては前のブログで何度も触れましたし、その問題点についても書きましたのでそれと若干重複する部分もあります。


この評価はそれほど難しいものではありません。

成功した地域と失敗した地域が歴然と並んでいるのでそれらを比較検討すればよいのです。

前者がクリミア、後者がウクライナ東部です。


クリミアではなぜ成功したのか。

クリミアは一度奪取され防備が強化されると奪還しにくい地形であり、不意のことゆえ急な対応ができなかったことを差し置いてもウクライナ政府による奪還は困難であると思われます。

そうした閉鎖的な地理的環境に加え、クリミアは自治共和国というそれ自体一つの統治機構を持っていた。これをすみやかに奪取することでクリミア全体を手中にすることが可能になりました。

現地の露系とセヴァストポリという「橋頭堡」の存在もありました。


ウクライナ東部はどうか。

すでにクリミアで戦争が行われウクライナそして西側がすでに警戒していた状態だったとはいえ「共和国」設立宣言までは行くことができました。

しかしウクライナ東部は地形的に無防備でありウクライナ政府側が「対テロ作戦」(ATO)を行うに及び交戦状態に陥りました。

この地理的な閉鎖性の無さは、現地に親露派が存在して地方自治体としての統治機構があっても地域全体を掌握することができないという結果をもたらしました。


ここにおいて本質的な問題が出てきてしまっています。

戦争状態ではないと言い張りつつ速やかに入り込んで地域を奪取するという戦争方法をとっている以上、正規軍による大規模侵攻ができないため、こそこそ兵力の逐次投入をすることしかできなくなっているのです。

そのため、この戦争は局所的にはロシアとウクライナとの戦争ですが、ウクライナの背後に西側が控えている状況では、ロシア側のほうが不利な消耗戦に引きずりこまれている、という印象です。


さて、このHybrid warfareの今後についてはどうでしょうか。

クリミアが成功したのは侵攻が奇襲として成立すること、現地にあらかじめ「橋頭堡」となる集団がいることです。

現在欧州方面で、ロシアと国境が接していてロシア系住民のいるエストニア、ラトヴィアはNATOがもっとも警戒する地域となっており、奇襲ができない状況となっています。

これは、欧州方面だけでの話ではありません。Hybrid warfareは近隣諸国を極度に警戒させてしまう戦争方法であるため、他の地域での近隣諸国に対しても奇襲が成り立つかは疑問です。

こうしたことを考えれば、結局このHybrid warfareは、あとに正規軍の大規模侵攻が続かない限り、対象地域に紛争をおこしそこを恒常的不安定地域にする以上のことは、クリミアのように好条件が整っていない限り不可能です。

結局、これはウクライナにおける戦争を容易なものにするための戦略的な助攻として行うか、グルジアやモルドヴァでやったように影響力を維持するために行うものとなるでしょう。

しかし後者は、その後も西側が両国をいじり続けている現状を見れば効果があるとは思えません。結局、この両国がNATOの軍事拠点にならないようにするという防勢的地政戦略に供するだけです。


ロシアの今後を読むにはまだ難しいものがあります。

ただ、気になるのがロシアが米の原爆投下を人道に対する罪として云々を言い出していることです。

ロシアは冷戦後の世界秩序、その土台になっている第二次大戦後の世界秩序の変更を意図しているのかもしれません。

ただ第二次大戦の処理は勝てば官軍方式でありソ連も戦勝国の一員であった以上、これを覆すことは自分の足元を掘り崩す危険性があるかもしれません。


今日はこんなところでしょうか。

それでは、Na shledanou!

スポンサーサイト
プロフィール

belaoluja

Author:belaoluja
こちらは南東欧戦略環境分析局blog http://crnogorac.blog117.fc2.com/ から萌え要素を抜いたものになります。

文責は同じ @crnaoluja (twitter) です。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。