スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポーランドのバルト・黒海・アドリア同盟構想と南東欧

4月18日にポーランドのドゥダ大統領がブルガリアを公式訪問しました。これについてこの記事をもとにポーランドの地政戦略が南東欧に及ぼす影響について書いてみたいと思います。

http://neweasterneurope.eu/articles-and-commentary/1976-warsaw-pivots-to-the-black-sea

この記事によれば、ポーランドのドゥダ新政権の目指すバルト・黒海同盟構想以前からポーランドとブルガリアは防衛協力と経済関係が強化されていました(もちろん経済関係強化は安全保障面での要請からのみではないでしょうが)。

ポーランドのこの構想については以前のエントリで書きました。
http://crnogorac.blog117.fc2.com/blog-entry-144.html

またポーランドが安全保障面で南で最も重要視するトルコへの地政学的ルート上にあることからもブルガリアとの関係を重視しているとしています。

去年ブルガリアがMig29のメンテをポーランドで行うことに変更した件は単なるNATO圏の対露依存からの脱却だけではなく、二国間関係のこうした面も反映していると。

この構想には別の方向からのアプローチがあります。

ウクライナのポロシェンコ大統領は、ウクライナ、ルーマニアとブルガリアとで統合旅団を作る構想を表明しています。すでにポーランド・リトアニア・ウクライナで作った統合旅団がありますが、これをモデルにするとの方針です。

こうしたことの積み重ねでバルト・黒海同盟が形成されて行くかもしれません。

ウクライナとポーランドからアプローチを受けてブルガリアは東欧の安全保障システムの東方正面に組み込まれる過程にある観があります。ブルガリアというとマケドニア問題でバルカン南部内陸部での政策のほうに目が行きがちですが、ウクライナ戦争は始まって以降はNATOの黒海方面での展開と相まって上記の傾向が続いています。

ただ、ドゥダ政権のこの構想にはバルト・黒海に加え「アドリア」も入っていますがこれにはバルカン内陸部のセルビア・ボスニアのスルプスカ共和国・ギリシアは入らないでしょう。これらは親露傾向があり、EUでもNATOでもないバルト・黒海同盟に対して対露関係を悪化させてまで参加したがるとは思えません。当然露からの分断工作もあるでしょう。またギリシアはトルコと、セルビアはクロアチアとの悪関係があります。この構想を強力に推し進めた場合バルカン諸国間に亀裂が入る可能性が生じてくる危険性があります。

ただ、ポーランドがこの「同盟」を形成するだけの影響力を発揮できるかについては当然疑問符がつきます。これは米国がバックにいることが条件となるでしょう。さらにポーランドへのアクセスを容易にするために北欧(特にスウェーデン)もここに加える必要がありそうです。

しかし、NATO・EUもウクライナや南コーカサスをいじりこそすれどうにもできないのにこの「同盟」がどうにかできるとも思えません。

スポンサーサイト

東欧の準軍事組織

今回は東欧・バルトの準軍事組織について。

これは今年一月18日付の記事ですが、ハンガリー以北の東欧とバルト三国の準軍事組織について解説しています。
http://neweasterneurope.eu/articles-and-commentary/1862-the-rise-of-paramilitary-groups-in-central-and-eastern-europe

記事では大まかにポーランド・バルト三国とハンガリー・チェコ・スロバキアで準軍事組織の性格に違いがあるとしています。

大まかに、前者は正規軍に協調的、後者は右寄りの独自のポリシーにより反政府的な性格を持つとしています。

まず、ハンガリーの準軍事組織「Magyar Nemzeti Arcvonal (ハンガリー国民戦線)」。

このサイトの写真と動画で武装の度合いが見られます。
http://nemzetiarcvonal.net/2015/04/08/a-magyar-nemzeti-arcvonal-folytatja-a-harcot/



そして、スロバキア当局の監視対象の準軍事組織「スロバキアの徴集兵(Slovenskí branci )」。

この去年の記事では学校で子供たちに銃器の扱いの訓練を行ったという事件について報じられています。
http://spectator.sme.sk/c/20058688/extremist-group-slovak-levies-trained-kids-in-schools.html

これらは概ね右派、反EU、反NATO、反移民。露からの援助について疑う向きもあります。


そして、ポーランドの準軍事組織。

記事では120の軍事組織が正規軍に協調的であるとしています。

しかしポーランドの準軍事組織全てがそうであるかは調べが必要であると思っています。

以前この記事で書いたように、ウクライナの民族主義の牙城である西部の独立運動の相手はポーランドでした。
http://belaoluja.blog.fc2.com/blog-entry-10.html

第二次大戦中ウクライナ蜂起軍(UPA)により東ガリツィア、ヴォルイニ地方でポーランド人の大量虐殺が行われました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Massacres_of_Poles_in_Volhynia_and_Eastern_Galicia#German_involvement


そしてウクライナのザカルパッチャ州はスロバキアも関係してきます。

今後も注意深い観察が必要になるでしょう。
プロフィール

belaoluja

Author:belaoluja
こちらは南東欧戦略環境分析局blog http://crnogorac.blog117.fc2.com/ から萌え要素を抜いたものになります。

文責は同じ @crnaoluja (twitter) です。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。