スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エストニア、露の元KGB職員を国境にて逮捕

BlLIURFCcAAGGMl.jpg

Доброго вечора!

教祖です。


今回は速報的な記事なので手短に。


エストニアとロシアとの国境であるナルヴァ川において、記事によれば先週日曜、ロシアの元KGB職員二人が不法入国の疑いでエストニア側に逮捕されました。

http://www.theguardian.com/world/2014/oct/03/estonia-kgb-officers-arrest

まだ情報が十分ではないですが、こうなるとやはり先のエストニアの保安局員のロシアによる拉致は現場の単独行動ではなくロシアの首尾一貫した戦略の一環ということになります。

となるとロシアはバルト一帯でこうした動きを行っている可能性があり、ロシアと直接国境を接するエストニアとラトヴィアが当面注意深く観察されるべき対象となったと思われます。

この場合ロシアのHybrid Warfare(ambiguous warfareは昨今の西側での論述ではHybrid warfareと呼称されることが多いので、当ブログでも以降この用語を用います)の対象になりうる可能性も考慮すべきかについても重要なイシューになることになります。


国内にロシア系住民を抱えて、ロシアとの領土問題が過去に存在し、ロシアと国境を接するNATO加盟国はエストニア以外にラトヴィアがあります。

この場合なぜ今のところこうした事態がラトヴィアで起きていないのかという疑問がわきます。

ラトヴィアもロシアの考えるシアターの中に既に入っており見えないところで事態が進行している可能性もあります。

ラトヴィアのロシア系住民はエストニアのそれと比べて主要民族との関係が悪く、ここに火をつけるような真似をすればNATOとの深刻な摩擦になる可能性があり、ロシアはそれを最後のカードとして取っておいておく算段なのかもしれません。

ただエストニアは先のサイバー攻撃の対象にされた件もあり、ロシアにとっての地政学的重要性の観点から見る必要があります。


ところで、前のエントリでノルウェーからの新NATO事務総長が就任したということを書きました。

ノルウェー本国でも今回の事態に対する本格対処が始まっています。

http://en.ria.ru/world/20141001/193522353/Norway-Needs-Defense-Overhaul-Amid-Russian-Threat-Norwegian.html

ロシアと国境を接する軍事的中小国という立場ではノルウェーは前線の東欧のNATO加盟国と同じです。

しかし、スウェーデンで政権が変わり、東欧政策に変化が生じればなんらかの不協和音が生じるかもしれません。

スウェーデン、パレスチナを承認
http://www.reuters.com/article/2014/10/03/us-sweden-politics-palestinians-idUSKCN0HS0XN20141003

V4の中でチェコなどから現在の欧州の対露政策への注文が出ているなど、北欧+バルト+V4という枠組みの維持に支障をきたす可能性もあります。

そのあたりも、今後のストルテンベルグ事務総長の仕事の重要な仕事の一つになります。


今回はこんなところでしょうか。

それでは、До побачення!

スポンサーサイト

エストニア保安局員の「拉致」事件と露の戦略

BlLIURFCcAAGGMl.jpg


Доброго вечора!

教祖です。


以前のエントリで書いたエストニア保安庁の職員Eston Kohver の「拉致」の件、まだ事態が動く気配はないようです。

この件ではEUが動いています。

EUは在ロシア・EU大使を通じてKohverを即時釈放する事を要求しています。

http://uk.reuters.com/article/2014/09/11/uk-estonia-kidnapping-eu-idUKKBN0H62F620140911

EUはこの件を「露による拉致」としています。ここまで言い切る以上西側は露に対しこの件で断固とした態度で臨む姿勢であると見ることができます。

しかし、NATOはこの件に関して何かするという意志は今のところないようです。

http://www.npr.org/2014/09/14/348351241/estonia-spy-dispute-could-be-russia-making-anti-nato-mischief

この記事ではMark Galeottiの見解が紹介されています。ちなみに彼はこの件を露による拉致とした上で論じています。

Galeottiが推測する露の意図は、まずこの事件の直前に行われたオバマのバルト三国防衛宣言への面当て。

そしてNATOの防衛意志は軍事面だけでこうした類の件では動かないことをNATOの辺境諸国に知らしめること、

さらに、この件によってNATO加盟国内に足並みの乱れが生じるかどうかの試すという意図。


「面当て」という目的であれば、この件はNATOのウェールズサミットの終日に行われたものであるがゆえに実にタイミングがよいものであったと言えるでしょう。

そしてウェールズサミットの宣言が出された直後のこの行動は、上記第二の、NATOはこうした件では無力であることを衆目にさらす目的にも十分かなうものです。

第三の加盟国内の足並みの乱れを狙うという意図は、今後のウクライナでの停戦の成り行き如何ということになるでしょう。


そもそもNATOが現在行動を起こしていないのは、ウクライナでの停戦の行方を見守るという非常にナイーヴな時期であるからという見かたもできるのです。

停戦が今後進展する見込みがあるのであればNATOとしても攻撃的な意志をしめることは控えるはずです。

停戦が破られればこの件はNATOと露間の対立イシューの一つになるでしょう。

しかし、停戦がこの戦争の集結にまで漕ぎ着ければ、露によるウクライナ東部の分離地域化という目的は達成されたことになるのですから、露がバルトに手を出す可能性は低くなり、

露によるNATOによるバルト防衛の意志の無力化のための努力は中止されることになるでしょう。


ともあれ、この件は露が明確に西側に対して何らかのメッセージを発しているわけではないため、この件の意味についての考察、今後の予測が立てにくいです。

昨日起きた、バレンツ海でのリトアニア漁船拿捕の件も、露に何らかの西側に対するメッセージであるのか否かは不明です。

http://en.delfi.lt/lithuania/economy/russia-detains-lithuanian-fishing-vessel.d?id=65894796#dreload1411135922147

これについても、リトアニア側は露による不法な拿捕、露側はリトアニア漁船の不法行為に対する取締りと、エストニアの件と同様な状況になっています。

この件についてエストニアと絡めて語る論調も見られ、次はラトヴィアだという者もいますが…


しかし、個人的には僕は、エストニアの件は現場の暴走など当局が関与していない場合も想定していますので、この件の真実そのものについてのレベルで慎重に観察しているところです。


それから、あとはこのニュースを紹介して今夜は終わりたいと思います。

ハンガリー政府はスロヴァキア憲法裁判所が国民の二重国籍を認めない旨の判断を下したことに失望を表明しています。

http://www.politics.hu/20140918/hungary-disappointed-over-top-slovak-court-decision-on-citizenship-law/

先にご紹介したように、ハンガリーは国外ハンガリー人にもハンガリー市民権を与えています。

国内にハンガリー人を抱え、歴史的にも良好とは言えないスロヴァキアからすればこのハンガリーの決定は当然警戒すべきものでしょう。

ハンガリーは今のところEUに極端に反発する姿勢は見せていませんが、今後の動向には十分が必要だと思われます。


それでは、

До побачення!

エストニアの治安要員の露による拘束

BlLIURFCcAAGGMl.jpg

Доброго вечора!

教祖です。


NATOのウェールズサミットの締めくくりであるWales Summit Decralationについて書こうと思っていたのですが、

昨夜からの頭痛が朝起きたら酷い肩痛に発展してしまい、痛みでざっとしか読めなかったので、今夜はエストニアの治安要員が露のFSBにより拘束されたニュースについてです。


エストニア側の発表によれば、エストニア保安庁(KAPO)の職員Eston Kohver が国境警備任務中、越境してきたロシア側の何者かに拘束されロシア国内に拉致された、というもの。

http://online.wsj.com/articles/estonian-officer-abducted-near-border-with-russia-1409928475
http://www.baltictimes.com/news/articles/35518/#.VAsxbiwcTIV

僕は当初、なぜエストニア側がこの行為をロシアによるものと断定したのかについて疑問に思っていたのですが、ロシア側からそれを認めました。

ただし、ロシア連邦保安庁(FSB)によれば、Eston Kohverがロシア領内で諜報活動をしていたため拘束した、とのこと。
http://en.itar-tass.com/russia/748380


この件については、情報が少ないのでこれ以上は深く掘り下げられません。

ただ、いくつか仮定を行ってそれについて考察することはできます。

最大の問題はもちろんどちらが正しいのかということ。


仮にエストニア側が正しいと仮定すると、これは現場のFSBの突発的行為なのかあるいは一貫した戦略に基づいた露政府の行為なのかということです。


FSBの突発的行為ならば、なぜウクライナでの和平に向けた合意がなされ、またオバマがエストニアを訪問してバルト三国の防衛について言及した直後というこの時期において、こうした行為は極めてリスクの高いものであるにもかからわずかばい立てしたのかという疑問が生じます。

もちろんそのためにエストニア側が悪いという創作話を作り上げたという見方もできます。

しかしNATO・EU加盟国であるエストニアに対してのこうした行為は、ウェールズサミットが終了するのとほぼ同時期に行われたということもありかなりのレベルの挑発行為であると西側に認識される恐れが高い。

そうしたリスクを犯してまでかばい立てする理由があるでしょうか?


もう一つは、露政府の戦略的な行動であるという仮定。

これは、今回の戦争におけるロシアの戦略がわかり辛いものであるために分析が困難なものです。

ただ、エストニア側が悪いと言っていても西側が納得するはずがないということはロシアもわかっているはずであり、ロシアはそうしたリスクを承知の上でこの行為を行ったことになります。

ロシアはNATOの本気度を試すためにこの行為を行ったという見方もあります。

しかし、ウクライナでの行動ならともかくこれはNATO本体に対するものであり、「試す」だけの行為としては極めて代償が大きいものです。

ウクライナにおける和平に向けたロシアの意志についても西側は深い疑念を持つことになるでしょう。


こうしてみるとどちらにしてもロシア側の行動は極めて理解し辛いものであることがわかります。

しかしエストニア側の行動であると仮定しても…

現在エストニアを含むバルト地域はNATOの最重要防衛ラインであり、エストニアがNATOに連絡せずにこの行動を行っているとは考えにくい。

ただ、NATOが関与していると仮定するとNATOがこの件についてまだ動いていないということから少々疑問がわかないでもないですが…


この件については、より多く情報が出てきたらまた話題にします。


全く別の話になるのですが、グルジアはISISの件で米軍主導の作戦に参加するかもしれません。
http://uk.reuters.com/article/2014/09/06/uk-georgia-usa-security-idUKKBN0H100120140906

記事にもあるように、グルジアはアフガニスタンでのNATO主導のISAFに参加し、30人以上の犠牲者を出しています。

今後、2008年のような西側がグルジアを見捨てるような事を再び行えば戦死者の魂は浮かばれないでしょう。

しかし、現実は過酷です。


今日はこんなところでしょうか。

それでは、До побачення!
プロフィール

belaoluja

Author:belaoluja
こちらは南東欧戦略環境分析局blog http://crnogorac.blog117.fc2.com/ から萌え要素を抜いたものになります。

文責は同じ @crnaoluja (twitter) です。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。